健康志向なワンちゃんぴったり!無添加ドッグフード

By | 2016年6月22日

現時点で販売されているドッグフードは種類がとても多く、メーカーが同じでもワンちゃんの食のタイプや健康管理によってさまざまなフードがあります。
今回は、そんな多種多様なドッグフードの中から、ドッグフード選びのポイントについてまとめてみたいと思います。

まず、ドッグフード選びに欠かせないポイントとして「添加物」が入っていないか、がとても重要だと考えます。
添加物とは、人口添加物や保存料、着色料や香料などがあげられます。添加物と言っても、ワンちゃんの体に害のない天然由来の酸化防止剤や、ビタミン・ミネラル等ありますので、しっかりと成分を調べたうえで選択されることをお勧めします。
ワンちゃんの健康管理には欠かす事の出来ない「無添加フード」をしっかりと選ぶ事が、大切なワンちゃんの体を守る一つの手段だといえます。

次に、「グレインフリー」のドッグフードを選ぶという事です。
どんなワンちゃんも「穀物」は消化が極めて困難な食べ物です。
特に「とうもろこし」や「小麦」は、皮膚が炎症を起こしたり目やにが出たりと、ワンちゃんがアレルギーを発症することもあり、大変危険です。
穀物がメインになるフードは「低タンパク高炭水化物」となってしまい、栄養面でも不安要素があります。

グレインフリーのフードか、最低でも穀物メインではなく、お肉がメインのフードを選択されるのが最良と思います。
皆様のワンちゃんの中に、フードをあまり食べてくれなくなった子やフードをお皿に入れてもあまり喜んでくれない子、いませんか?

実は、ホームセンターなどで販売されている安価なフードの中には、人間で言ってしまえばスナック菓子。
いえ、、それよりももっとひどい成分のフードがあります。
確かに、スナック菓子やジャンクフードは大変おいしいものですが、主食ではありませんよね!
ワンちゃんは、ドッグフードが主食なのです。

私たち人間も、毎日毎日の主食がスナック菓子じゃあ、味気ないですよね。
大切なワンちゃんにも、毎日の食事を健康的に、バランスよく食べてもらうことが、私たち飼い主とワンちゃんの共同生活を楽しく、円滑に進めるポイントだと思います。
ワンちゃんの健康を考え、是非とも「無添加」「グレインフリー」に気を付けたドッグフードを選択していただきたいと思います。