Author Archives: wpmaster

エサを与えるときにするしつけ

犬にとって大好きなエサの時間は、しつけをする絶好のチャンスです。

 犬に、まず最初にしつけておきたいことは「マテ」です。マテができるようになると、ブラッシングや爪切りシャンプーなどのお手入れが楽になります。また、散歩などお出かけの時にも安心です。

  まずは、エサをもらう時にはおすわりをして待つように教えましょう。犬にとって大好きなエサの時間。エサの袋を持って近づくと、嬉しくて大はしゃぎします。そんな時も、犬が落ち着いておすわりをするまでエサを容器に入てはいけません。最初のうちは、なかなかおすわりをしません。そんな時は、根気強く「おすわり」といいながら、そっとお尻のあたりを押して座らせ、それからエサを容器に入れるようにしましょう。

 おすわりをして待てるようになったら、次は「マテ」ができるように教えましょう。エサの容器を犬の前に置く時には、犬の目をまっすぐ見つめながら「マテ」と指示を出します。この時、手を前に出してマテのサインを出すようすると効果的です。そして、犬がこちらを見返してきてアイコンタクトがとれたら「ヨシ」と言って、にっこり笑って目をそらします。慣れてきたら徐々に見つめあう時間を長くしていきましょう。

 最初のうちは、なかなかうまくいきませんが、根気強くエサを与える前に毎回必ず行うと、次第に犬も理解していきます。うまくいくためのコツは、「マテ」という時は、笑わず真剣な表情で指示をし、「ヨシ」という時は、表情をガラリと変えて笑顔で指示をして、マテができたことを褒めるにようにすることです。きちんと飼い主の気持ちが犬に伝わるように、少々大げさに、表情にメリハリをつけることが重要です。

 またマテができるようになり、犬とアイコンタクトをとれるようになると、犬は落ち着いて、飼い主の指示を聞くようになるため、「おて・おかわり」「ふせ」などの芸も教えやすくなります。犬にとって楽しいエサの時間を利用して、楽しみながらしつけしていきましょう。

おすすめのエサはこちら⇒犬の涙やけ改善おすすめドッグフードランキング

犬に与えてはダメな食べ物

初めて犬を飼う場合、分からないことだらけで不安になってしまう飼い主さんも多いと思います。食事のことやトイレのこと、しつけに関することなど犬に行うものだけでなく、飼い主として知らなければならない事柄も沢山あります。その中で食事面に関すること…特に愛犬に絶対に与えてはいけない食べ物をまず把握しておく必要があります。

犬に与えてはいけない食べ物として真っ先に覚えておくべきものが玉ねぎです。玉ねぎを犬が食べると、嘔吐や下痢といった症状が出たり、酷くなると痙攣を起こしたり、慢性的な症状になると肝機能の低下といった深刻な症状を引き起こす原因になります。これは玉ねぎに含まれている成分が赤血球を壊すことにより、貧血を引き起こし中毒症状となるのです。この状態を玉ねぎ中毒と呼ぶことが多いです。

少量であれば、すぐに嘔吐や下痢で身体の外に排出されることによって大きな問題にはならずに済む場合が多いですが、大量に摂取してしまった場合や嘔吐や下痢の症状がすぐに見られない場合は獣医さんに速やかに診て貰うことが大切です。玉ねぎは生であっても加熱されたものであっても、どちらの形状でも犬の身体には毒であることは変わりません。そして玉ねぎ自体が入っていない食べ物であっても、その食べ物に玉ねぎの成分が溶け出していたりすると中毒反応が起きる可能性が高いので、この点も注意します。

玉ねぎが犬にとって危険なものであると分かり、食事として与える機会は無いにしても、料理中に刻んだ玉ねぎの欠片が床に落ちてそれを愛犬が拾い食いするという可能性もあります。愛犬を室内で飼っている場合は、普段からキッチンなどに立ち入らないように工夫しておくことも、中毒から愛犬を守る有効な手段になります。

人間にとっては何の問題も無い食物である玉ねぎですが、犬にとっては危険な存在なので少量であっても絶対に与えないように気をつけましょう。大切な家族の一員である愛犬がいつまでも健康で過ごせるように、必要な知識を深めて愛犬を危険から守れる飼い主になりましょう。

ポンポンママの無添加キッチンのドッグフードは安心

大切な家族の一員であるワンちゃんには、体に優しく安全なドッグフードを食べさせてあげたいものです。
元歌手の愛内里菜さんが、垣内りかとしてオリジナルのドッグフードを販売されています。

このドッグフードは、ワンちゃんがいつまでも元気でいられるように、ワンちゃんと大切な時間を
たくさん共有できるようにと願いを込めて販売されているドッグフードです。

国産の原料を使用して、製法にもこだわっています。さらにいつでも出来立ての風味を味わってもらえるように
鮮度にもこだわっているのが特徴です。
人間が食べても大丈夫というくらいですので、とっても新鮮で安全ということが分かります。
アレルギーの原因になる食材は使用してしませんし、消化吸収されやすい状態となっているので、
ワンちゃんの体に負担もかかりません。

まぐろ、鮭、鶏のささみから選んで購入できます。ドッグフード以外にもおやつが販売されています。
おやつはまぐろ、鮭、ささみ、お芋、などの素材から選択できます。

アレルギーのあるワンちゃんも安心して食べることができるドッグフードは、飼い主さんから高い評価を得ています。
各素材ごとにどんなワンちゃんにおすすめなのか紹介されていますので、商品選びの参考になります。
このドッグフードやおやつはイタリアンレストランのシェフと共同で開発されたとされていますので、
味も本当にこだわりあるものとなっていて、ワンちゃんも喜んで食べてくれることでしょう。

原材料を見ても、本当に人間でも食べられる食材だなと分かります。詳しい栄養成分表示や1日の摂取基準などは
すべて公式サイトで紹介されていますので、ぜひ、ポンポンママの無添加キッチンで検索をしてみてください。

無添加のドッグフードで健康になろう

現在ドッグフードも多くの種類が出回っていますが、皆さんは何を基準に選んでいるでしょうか?
成分、パッケージ、CMを観てよさそうだったから・・・など色んな考え方があると思います。
その中でも今回は、成分に重点を置いた無添加のドッグフードについて紹介したいと思います。

そもそも添加物には、わんちゃんの健康に害を及ぼす成分が含まれています。
酸化防止剤や着色料など、人間の食べ物にもよく使われていますよね。
これらはドッグフードにもよく含まれていて、案外気を遣っていない飼い主さんも多いようです。

また、その他の添加物の種類として、穀物類が含まれているドッグフードもたくさん出回っています。
これはドッグフードの量などをかさ増しする為に使われているのです。
しかしわんちゃんにとっては消化しづらいだけではなく、栄養価値もあまりないので悪い影響ばかり与えてしまいます。

では、無添加のドッグフードとは主にどんな物を選べばいいのでしょうか?

無添加となるとやはりある程度高価になってしまう場合が多いですが、現在は比較的リーズナブルな商品も売られています。
店頭だけではなくインターネットで購入する事も可能です。
継続していく事が重要ですので、「この値段なら続けられる。」という値段の物を選ぶと良いと思います。

あとは無添加といってもやはりわんちゃん自身が気に入ってくれる味である事が一番重要かと思います。
いくら安心・安全と言っても、味が気に入らなければわんちゃんは食べてくれません。
こればかりはわんちゃんそれぞれの好みですので、いろいろな種類を食べさせて様子を見てみるといいのではないでしょうか。

無添加のドッグフードを食べることによって、わんちゃん自身も健康になり、毛艶も良くなったりといいこと尽くしです。
今食べさせているドッグフードを今一度見直してみてはいかがでしょうか。

健康志向なワンちゃんぴったり!無添加ドッグフード

現時点で販売されているドッグフードは種類がとても多く、メーカーが同じでもワンちゃんの食のタイプや健康管理によってさまざまなフードがあります。
今回は、そんな多種多様なドッグフードの中から、ドッグフード選びのポイントについてまとめてみたいと思います。

まず、ドッグフード選びに欠かせないポイントとして「添加物」が入っていないか、がとても重要だと考えます。
添加物とは、人口添加物や保存料、着色料や香料などがあげられます。添加物と言っても、ワンちゃんの体に害のない天然由来の酸化防止剤や、ビタミン・ミネラル等ありますので、しっかりと成分を調べたうえで選択されることをお勧めします。
ワンちゃんの健康管理には欠かす事の出来ない「無添加フード」をしっかりと選ぶ事が、大切なワンちゃんの体を守る一つの手段だといえます。

次に、「グレインフリー」のドッグフードを選ぶという事です。
どんなワンちゃんも「穀物」は消化が極めて困難な食べ物です。
特に「とうもろこし」や「小麦」は、皮膚が炎症を起こしたり目やにが出たりと、ワンちゃんがアレルギーを発症することもあり、大変危険です。
穀物がメインになるフードは「低タンパク高炭水化物」となってしまい、栄養面でも不安要素があります。

グレインフリーのフードか、最低でも穀物メインではなく、お肉がメインのフードを選択されるのが最良と思います。
皆様のワンちゃんの中に、フードをあまり食べてくれなくなった子やフードをお皿に入れてもあまり喜んでくれない子、いませんか?

実は、ホームセンターなどで販売されている安価なフードの中には、人間で言ってしまえばスナック菓子。
いえ、、それよりももっとひどい成分のフードがあります。
確かに、スナック菓子やジャンクフードは大変おいしいものですが、主食ではありませんよね!
ワンちゃんは、ドッグフードが主食なのです。

私たち人間も、毎日毎日の主食がスナック菓子じゃあ、味気ないですよね。
大切なワンちゃんにも、毎日の食事を健康的に、バランスよく食べてもらうことが、私たち飼い主とワンちゃんの共同生活を楽しく、円滑に進めるポイントだと思います。
ワンちゃんの健康を考え、是非とも「無添加」「グレインフリー」に気を付けたドッグフードを選択していただきたいと思います。

アレルギーのワンちゃんのドッグフード

私は今までたくさんの犬と生活してきました。毛の長い犬種ばかりでしたが、ドッグフードにはあまりこだわりはありませんでした。どんなドッグフードでも食べるので、特別に高いものをあげていたわけでもありません。
この犬たちも今は天へ帰り、今一緒に暮らしているのは雑種のオスのワンちゃんです。

私は今まで飼っていた子が亡くなってから、ボランティアという形で、捨てられた犬を里親が見つかるまで預かっています。
雑種のワンちゃんは二匹目です。今まで「犬は何でも食べる」「どんなドッグフードでも大丈夫」と思っていた私でしたが、考えさせられることとなりました。
初めて預かった柴犬のワンちゃんもこの雑種のワンちゃんもアレルギーが酷かったのです。
痒がることが多く、毛並みもイマイチ…。犬はジャーキーも缶詰も大好きだろう、ドッグフードもビーフ味でもチキン味でもかまわないだろう、そのように思っていた私に獣医さんは「肉アレルギーかも」と教えてくれました。
アレルギーの犬も多いということをこの時に知りました。恥ずかしながら、犬のアレルギーのことを全く知らなかったので私は驚いてしまいました。

今は肉の入っていないフードも売られているので、それで様子を見ている状態です。アレルギーの子用のフードは今まで気にもしなかったのですが、探してみると結構種類もあります!今現在食べさせているのは、魚と米を中心としたフードです。
普通のドッグフードよりはもちろん値段は高めです。しかし、アレルギーで痒がっているワンちゃんが少しでも良くなるのなら、試してみる価値はあると思っています。預かっているワンちゃんのおかげで、「食」について考えさせられました。